【インゼルサラブレッドクラブ】大量のキャンセル募集が発表!

2021年新規一口馬主クラブ『インゼルサラブレッドクラブ』で、2021年募集馬のキャンセル募集の受付が発表されました。

かなり大量にキャンセルに回ってきたなぁという感じで、これは抽選に落ちてしまった私としては大チャンスの予感…!
こちらの記事ではその詳細をお伝えしていきます。

キャンセル募集の経緯

何らかの事情により退会した会員が出資していた保有口数分を会員の皆様に「キャンセル募集」として再募集。

今回の追加募集は現会員のみ、ということになります。

キャンセル募集期間

申し込み期間:1/20(木) 17:00~1/23(日) 23:59まで

※先着順ではないので慌てる必要はなし。

ただし、受付期間が短いため早めの受付を忘れずに!

申込み口数の上限

一人1頭につき1口まで。

頭数の制限はない為、抽選確率がどの程度か分かりませんが当選を目指すなら複数頭に応募するのが良さそうです。

キャンセル募集馬の一覧

No.1 ヴィニーの20 (14口)

No.2 チカリータの20 (23口)

No.3 エレクトラレーンの20 (14口)

No.4 プラスヴァンドームの20 (15口)

No.5 スカイダイヤモンズの20 (12口)

No.6 スターズアンドクラウズの20 (12口)

No.7 エレクトラムの20 (31口)

No.8 オワセイフの20 (11口)

No.9 ビウィッチトの20 (18口)

No.10 チリエージェの20 (5口)

No.11 ルーシーブライドの20 (17口)

No.12 ユイフィーユの20 (21口)

No.13 ラヴアンドフェイスの20 (27口)

No.14 シャブリの20 (27口)

No.15 ブーケトウショウの20 (27口)

No.16 ラルクの20 (1口)

No.20 Insel Fun Fund 2021 (101口)

NIO
私のユイフィーユちゃん(落選)が募集馬に!これは胸熱!
動画などで現況も見られるのでしっかり確認してみます。

それにしてもファンドのキャンセルの量がすごい🙄

インゼル側が入会者数増やしたい作戦で、最初の抽選結果が1人1口での抽選通過が多かったのかな。

私も最初の募集の際はファンドしか通りませんでしたので入会自体躊躇しましたし、結局1口だけしか取れなくて入会をやめた方が多いのかなと推察。月会費とか結構かかりますからね…!

キャンセル募集馬 雑感

全頭確認しましたので、個人的に感じた点や感想を簡単にまとめていきます。
感じた部分と結果を擦り合わせていって、今後の出資馬選びのレベルアップをして行きたいと思っています。

No.1 ヴィニーの20

ロードカナロア×ヴィニーの初仔(母父がディープインパクト)栗東・池江泰寿厩舎。
生産育成牧場がノーザンファームで、キャロットで今期募集されていたコケレールをおばあちゃんに持っています。

現在の馬体重は488kg。脚元や健康状態などに問題はないそうです。動画を見る限りはまだ体をうまく使えていない様子に感じました。歩く様子も走り方もまだまだこれからという感じですが、配合からは期待値を感じられると思います。

No.2 チカリータの20

マインドユアビスケッツの初仔(母父はクロフネ)血統的にはダートでしょうか。

栗東・小崎憲厩舎、現在の馬体重は444kg。首が短くて可愛いですね。
まだパワー性は感じませんが、背中がだいぶしっかりとしてきたのかなと感じました。

No.3 エレクトラレーンの20

ハーツクライ×エレクトラレーン(母父Dubawi)
母のエレクトラレーンはDubawi×Sadler’s Wellsでパワータイプ。

栗東・清水久詞厩舎。馬体重は478kg。清水久詞調教師が12月に視察し、想像以上のスピードがあると評価していました。右後肢球節周りの皮膚が敏感で荒れやすい状態だそうです。
個人的には左前脚がガニ股気味なのが気になります…。

プラスヴァンドームの20

ロードカナロア×プラスヴァンドーム(母父Dr Fong)
この配合はあまり見かけないタイプだなと感じます。

栗東・武幸四郎厩舎、馬体重473kg。武幸四郎調教師が視察した際には、馬体には腹袋がありメンタル面でも安定していて及第点以上だと評価しています。

動画から見られる様子はしなやかで柔らかみのある動き。まだまだトモが薄めで筋肉量はこれからですが、現時点での気配はかなり良いのではないでしょうか。

No.5 スカイダイヤモンズの20

初仔。ハーツクライ×スカイダイヤモンズ(母父First Dude)
生産育成牧場がノーザンファームで、栗東・友道康夫厩舎。金額からも期待感を感じます。

現在の馬体重は506kg。まだ緩さがあり、父の産駒の特徴が強めに出ている様子で成長はゆっくりめなのかもしれません。
あとは、少し大きめの仔なのでケガなどに気をつけて育ってほしいですね。

No.6 スターズアンドクラウズの20

ジャスタウェイ×スターズアンドクラウズ(母父マクフィ)美浦・鹿戸雄一厩舎。
母も父も持久力といったタイプでスピード値がどうなのかなといった配合。

現在の馬体重は483kgで、首から背中にかけてのラインがとても綺麗。
中間の動画で見られた右前脚の硬さは少し改善されていて、コンディションは良さそうです。

No.7 エレクトラムの20

ダイワメジャー×エレクトラム(母父High Chaparral)美浦・手塚貴久厩舎。
牝系からしたらこの価格は少し破格かと思いますね。

馬体重は420kgでまだ小柄ですが、募集当初の406kgからは成長が見られてよかったです。
牝馬ですが、気性が少しうるさいところがある様子。取る物もないですし少しそこが気になります。

No.8 オワセイフの20

初仔。Saxon Warrior×Owaseyf(母父Medaglia d’Oro)栗東・大久保龍志厩舎。
母も良血で、パワーもあるタイプ。

中間ではあまり前向きではないとの報告がありましたが、最新の報告では徐々に前向きさが出てきたとのこと。
気性面は気になりますが、まだまだ成長段階。
馬体は募集時の429kgから471kgとしっかり成長してきていて、筋肉もついてきました。

No.9 ビウィッチトの20

Saxon Warrior×Bewitched(母父Dansili)
かなりパワータイプに振った配合になるんでしょうか。栗東・藤原英昭厩舎で現在の馬体重は456㎏。

お尻の辺りの筋肉がしっかりとついてきて馬体重以上に迫力のある体つきです。

気性にまだ少し問題がありそうなのが気になりますが、成長と共にといったところでしょうか。
とにかく馬体の良化と力強さに非常に好感を持てます!

No.10 チリエージェの20

ハーツクライ×チリエージェ(母父サクラバクシンオー)栗東・松永幹夫厩舎
おそらく追加募集があった仔なのでキャンセル募集は少なめになったのかと。

出資馬なので贔屓目無しでは見れません!(笑)

関連記事

追加出資馬 今日は追加の出資馬について紹介します。 この1ヶ月の間に2頭増えまして、私の今年の出資馬は5頭(クラブは3つ)になりました。 まだ追加募集とかあったりしますが、ここは魂のケン…! まだ1年目ですし予算も結構使ってしま[…]

中間の488kgより馬体が引き締まったのか475kgに。歩く姿は非常にスマートで操縦性の良さを伺わせます。

No.11 ルーシーブライドの20

イスラボニータ×ルーシーブライド(母父ブライアンズタイム)
厩舎の発表がまだありませんが、新規開業厩舎ということでおそらく蛯名厩舎になると予想しています。

馬体が428kgと中々身につかないようですが、ご飯も食べられているみたいですし、
まだまだ成長期待ちというところでしょうか。
手先が軽くスピードを感じる走りということで、この先が楽しみですね。

No.12 ユイフィーユの20

ルーラーシップ×ユイフィーユ(母父ディープインパクト)
栗東・四位洋文厩舎で現在の馬体重は469kg。

2021年3月に左飛節OCD手術をしています。故のこの募集価格ですね。

ルーラーシップ産駒らしく、少し気性のキツイい部分が出てきたようです。
まだまだ筋肉量もこれからですがフットワークが大きく、母父の良い部分を受け継いだのではと期待して見てしまいます。

価格も安価なことなから今回のキャンセル募集でも人気を集める1頭になりそうです。

No.13 ラヴアンドフェイスの20

ロードカナロア×ラヴアンドフェイス(母父Corinthian)
半兄のメイショウヒューマがダートの2勝クラスを先日勝ち上がったばかりですね!

栗東・松永幹夫厩舎。まだまだ成長途上ですが柔らかさを感じます。
カナロア産駒らしい胴のつまった体系でバランスも良く見えます。

馬体が募集時の435kgから現在408kgと、大きく減らしているところが気になる点です。元々カイ食いカイ食いが細いタイプらしいので頑張って成長してほしいです。

No.14 シャブリの20

モーリス×シャブリ(母父ディープインパクト)栗東・岡田稲男厩舎
厩舎的には強調材料に欠けますね。

馬体はモーリス産駒らしく、体重の割には重厚な体つきに見えます。

中間はカイ食いも悪く気性もキツかったようですが、最近は気性も落ち着いてきたようです。
動き自体は柔らかさがあり、馬体重は423kgで徐々に増えて来ていますので、このまま順調に育ってほしいですね。

No.15 ブーケトウショウの20

ハーツクライ×ブーケトウショウ(母父サクラバクシンオー)栗東・須貝尚介厩舎

動画を見るとこの時期にしては非常に良い雰囲気を感じます。
体高も伸びて成長著しい様子ですし、早い時期のデビューを期待できます。

馬体も472kgとしっかり成長しています。11月下旬に視察に訪れた須貝調教師も手応えを感じていたそうです。

No.16 ラルクの20

Frankel×ラルク(母父ディープインパクト)栗東・松永幹夫厩舎
50口募集の100万の仔なので当然出資はできませんが(笑)一応。

フランケル産駒らしい切れる足が使えるタイプらしいです。
ずっと首をあげていて前進気質が強そうですね。馬体重は400kgとまだまだ成長途上という感じです。

まとめ

今回のキャンセル募集では、500口募集の馬が全頭再募集になっています。

落選した馬に再度申し込むチャンスでもありますし、直近の動画で以前より成長も見て伺えますので私も再度検討しようと思っています!

NIO
それではご覧いただきありがとうございました!
最新情報をチェックしよう!