【GI】チャンピオンズカップ2021考察

ダートはあまり得意ではない。そんな人も多いはず!
私自身もそんな1人ですが(なんか苦手意識があります)
最初から諦めて買うと当たらないので…頑張って予想していきたいと思います!

GIII】チャレンジカップの記事はこちら↓

関連記事

今週の重賞は土曜日にステイヤーズS、チャレンジC。日曜日にチャンピオンズC。 東京開催が終わり、中山・阪神・中京の3場開催になります。 これは予想が忙しい…そして資金配分もしっかりしておかないと! こちらの記事では、GIIIの[…]

コース特徴

中京ダート1800mで行われる。
スタート部分が坂の途中から。スタートや坂の苦手な逃げ先行馬には注意が必要。

他の競馬場よりバンクが若干きつめ。スタートはちょうどゲートの繋ぎ目辺りを頂点として内枠の方が若干低くなっており、スタート後大外枠から内側に寄せるのには僅かに勾配を上ることになる。

中枠から内側に寄せるのには僅かながら下りの傾斜があるのでスピードを乗せやすい。そのため、内側で出足が鈍いと中枠の先行馬に被されてしまう事もある。バンクのおかげ(?)で最終コーナーでは外に振られることが大きな不利というわけではない。

最初のコーナーまでは約291mしかない。先行争いが激化しやすく、外枠逃げ先行馬などは厳しい展開になることが多い。

後半アップダウンの激しいコースでスタミナも必要。基本的には前先行有利だが、GIなどの上級条件の場合は展開がタイトになりやすく差し馬の台頭も多く見られる。内枠〜中枠の先行馬、差し馬に注目したい。

展開想定

今回の出走馬16頭を見ると前に行く馬が、1番ソダシ、2番カジノフォンテン、7番サンライズホープ、8番スワーヴアラミス、9番オーヴェルニュ、11番アナザートゥルース、14番ダノンファラオ…4番インティ、12番クリンチャーも騎手から考えると前目で行きたいような。

位置を取りたい馬がこれだけ居れば前が激しめになるのは必然。位置を取れなかった馬の早仕掛けも想定される。
しっかりとスタミナがあり、ロンスパ戦に対応できる馬を狙いたい。

全頭考察

もう枠も出ているので今回は枠の順番で考察!

  • ソダシ

ついにソダシがダート挑戦!血統的にはダートは走れるし1800という距離も問題はない。
ただ芝GIIを勝った後に、ダート転向していきなりGIへ挑戦ということで(そんな馬は中々いないと思うので比較ができない)人気をするなら評価はしづらい。ダートは格という言葉を聞く通り、個人的にはダートの3勝⇆オープン、オープン⇄重賞の壁は芝の場合より高いと考えている。1枠1番に入ったがまだこれからがある馬だし、逃げるということはしないのでは。斤量54kgを味方につけてどこまでやれるか。勝負根性もあるのでうまく粘れる事もあるかもしれないが、スタミナが豊富という感じはしないので出来れば別のコースで狙いたい。

  • カジノフォンテン

地方からの参戦。地方レースしか走っていない為能力は測りづらい。前に行く馬が他にも多いためここは軽視する。

  • サンライズノヴァ

距離というよりはコース適正が疑問。前走のように内を捌いてこられたら面白いが、鞍上は毎回大外を回していた松若くん。ワンターンの競馬場でなら届く脚はまだ健在していそうだが、コーナー4つのこのコースでそれでは届かない。全ては松若くんの腕次第だと思っているが難易度は高め。

  • インティ

2年連続3着で中京コースへの適正も十分。折り合いを考えてか近走は差しに回っているが、一昨年のチャンピオンズカップの際は同じ4番で逃げておりその時と鞍上も同じ。前走南部杯で届かなかったことも考えると、前目に行く可能性が高い。実績はあるし、3年連続3着というのもあっても面白い。

  • エアスピネル

ダートはまだ未勝利だが、去年のフェブラリーでは2着。中段に構える差し馬で枠順も内差しが狙える。ダートの1800mは1度しか走っていないが芝の時は中長距離も走っているし、200mの延長ができないほどスタミナが不足しているとは思えない。少しペースの早い中でも長くいい脚は使えるし、近走の内容的にも能力的には足りそう。去年のように外から来られて位置が取れずに終わるパターンも考えられるが、頑張って乗ってもらいたい。

  • テーオーケインズ

調教がとても良いらしい。タイムラインを見る限りでも1番人気していそうな1頭。左回り、中京ダートでは馬券を外していないし、1800mも得意距離。枠もローテも良いし、直線に頼らず捲って行く脚もあり今回買うべき脚質。馬場は渋ったほうが得意でスピードタイプ。スタミナの必要な中京1800。良馬場の中央GIでどこまでやれるか。外側に前に行きたい馬がいるため、ポジション取りの影響を受けないかが懸念するところ。

  • サンライズホープ

ダートの3勝→オープン、オープン→重賞の壁を物ともせず乗り越えられている、揉まれずに先行できた場合には強い馬。中京コースは得意で枠順も良いため狙いたくなるが、好走できるのは揉まれずに気分良く行けた時。今回はGIということで格上挑戦だし、そんなに楽に行かせてもらえる展開にはならないのでは。

  • スワーヴアラミス

前走はスタート後躓いた為位置が取れなかった。捲れるような脚の使い方はできなさそうだしコース適正的には疑問。今回前に行く馬も多いため実績的にもここでは少し力不足か。

  • オーヴェルニュ

前走は完全に叩きだった様子。中京ダートは得意だし、テーオーケインズと同様にスピードタイプで、足抜きの良い馬場の方が得意そう。中枠から位置を取るのも難しくなさそう。何より鞍上に信頼がおける。あとは力関係だけ。

  • ケイティブレイブ

1800mは得意距離だが、中京コースも得意そうではないし、ここのところのレースからここで買えるほどではない。

  • アナザートゥルース

走ったり走らなかったり。今回のブリンカーなしの意図とは。前回逃げているため買いづらい。割とタイムの出るレースの為、脚の速さ的にもここは軽視する。

  • クリンチャー

わざわざ左回りに出てくる意味とは。ダートの川田様はとても唆られるが、明らかに右回りのレースを選択して出走していた。去年も結果は出ていないし、鞍上強化とはいえもう7歳。体調も去年以上かというとそうは思えないしここは軽視したい。

  • チュウワウィザード

去年の1着馬だが骨折で休んでからは、まだ体調は万全とまでは言い難い様子。それでも強い馬なので簡単には切れない。距離もベストだし中京のこのコースもベスト。少し外すぎるが枠だが捲っていく脚質のこの馬にはぎりぎりセーフライン。前走一度使ったことで本番までにもっと良くなることを期待したい。

  • ダノンファラオ

ここでは少し足りないのでは。

  • メイショウハリオ

枠には恵まれなかったが前走は展開向いたとはいえ、良い脚を使っていたのでここも抑えたい。どのみち後ろから行く馬だし機動力もあるので、お願いだから外を回さずに下げて内から突いてほしいところ。勢いもあるし、それができれば展開次第では掲示板内は可能では。

  • カフェファラオ

ベストは1600か。後ろすぎる位置から届くタイプではなく、ある程度の位置は必要だと思うので、このコースの大外枠は割引きたい。明らかにコース適正的には東京なのだろうが、シリウスSでも走れてはいるし大外枠ということで嫌われるなら、ルメールマジックを少し期待。今回初のブリンカーの着用の理由はわからないが、折り合えた時の可能性を3着までの抑えで。

最終見解

頑張って全頭考察してみましたが、ちょっと時間の都合で最後の方のやっつけ感すいません…

以下最終見解となります。(12/4更新)

◎チュウワウィザード
○オーヴェルニュ
▲テーオーケインズ
△エアスピネル
△メイショウハリオ
✔︎インティ
✔︎カフェファラオ

上位印3頭の中から軸を選ぶのにだいぶ苦労した。実力的にはチュウワウィザードに違いないと思うが、枠の関係や体調面が良い時にはまだ追いついていなさそうなことを考えると不安が若干残る。それでも海外から帰ってきてからは前年通りのローテだし力は出し切れるのではないか。オーヴェルニュは得意の中京ダートだし、枠の並びから良い位置が取れるのではと判断。近走ではテーオーケインズに負けてはいるが、そもそも適正は小回り1800mであることを考えると状態面からも展開次第で逆転は可能。テーオーケインズについては考察した通り非の打ちどころはほぼ感じないが、このコースが坂の途中からのスタートであること(前走出遅れが気になる)外に前に行きたい馬が多くいることから軸にするには少し不安が残った。
△の馬2頭に関しては、差し展開が向いた場合に滑り込めそうと判断。前残りになった場合は全く通用しないので基本は上位印3頭で、こちらは軽めに。✔︎に関しては3着までと思っています。

おわりに

GIの全頭考察が時間的に間に合ったのはブログ開始してから初めてのこと!
時間的にだいぶキツかったんですが、なんとかまとめられて良かったです(笑)
モチベーションに繋がるので、いつも見て頂いている方には本当に感謝です。

これからもより良い記事を更新していけるように頑張りますので応援よろしくお願いします!

最新情報をチェックしよう!