【GIII】カペラS2021 考察

今回の記事では中山1200mで行われるカペラSについて書いていきます。

コース特徴

使用コース

中山1200m

2コーナー奥の芝コースからスタートし、3コーナーまでの距離は約510m。

芝部分を長く走ることができる為、基本的には外枠有利

この間緩やかな下り坂が続いており、芝コースからのスタートというのもあってスピードが乗りやすい為、前半のタイムが非常に出やすい。

最初のコーナーまでの直線が長いため、前に行く馬が多い場合は先行激化しやすいが基本的には前有利。

1200mということで、内枠でも最初のダッシュ力がある馬などはロス無く運べるため軽視は禁物。展開を読むことが必要になる難しいコース。

注目馬考察

外枠に前に行きたい馬が多いため、激流になるのではと想定。ただ、昇級戦の馬が多いため単純に実力がどうか。

ハイペースになり差し馬も台頭することの多いレースで、1400くらい走れる適正も必要。

●モズスーパーフレア

このレースが引退レースとなる。最近引退レースで勝ち馬が多い挙句、有利な外枠ということで人気を集める。

確かにこのレースは外枠有利だが、この馬がベストパフォーマンスを出せるのは内ラチ沿いを走るとき。

前走のJBCスプリントではラチに頼らずの初ダートで3着という結果を残したが、今回前に行きたい馬も多くいるため少し難しいのでは。

しかし調教の様子から体調はとても良さそうで、仕上げて来ている様子。

●リュウノユキナ

久しぶりの中央レースで、久しぶりのブリンカー装着。舞台適正は充分だが、乗り替わりと最内枠が気になる。

ただ、戦ってきた相手が違うのでやれてもいい。が、そこを活かせるかどうかはジョッキー次第。

●ダンシングプリンス

約8ヶ月ぶりのレースとなる。中山1200はとても得意とするコース。長期の休み明けがどうかだけ。

行き足が早いので内枠でも状態が戻ってさえすれば走ってきそうだが、調教は可もなく不可もなく程度か。

●デュアリスト

このコースは初となるが、1400mでも好走しているし阪神や中京でも走れていることから、坂はこなせそう。

そろそろグレードレースで好走があっても。

●スマートダンディー

1200mは初距離だし、中山ダートも初めてとなる。初ブリンカー。

秋山Jから大野Jへ鞍上強化。調教でも調子が良さそう。

前が速くなる時の方が好成績で、差しが向く展開なら狙いたい一頭。

●オメガレインボー

初の1200m。この中では能力上位だと思うがあくまでもマイル付近。1200mは追走が間に合うかどうか。

ただ、このレース自体1400くらいのスタミナを要するレースだし、前走武蔵野S組の成績も悪くはない。

前崩れを期待して人気がないなら狙いたい。

●ミッキーブリランテ

芝→ダート代わり。馬込みの中から力を発揮するタイプだと思うので、先行馬に囲まれた大外枠では買いたくない。

最終見解

◎スマートダンディー
○リュウノユキナ
▲デュアリスト
△オメガレインボー
△モズスーパーフレア
✔︎ミスズグランドオー
✔︎アポロビビ

最新情報をチェックしよう!